☆ 夢で、また逢えたら ☆ 〜 Je t'aime et je t'aimerai pour toujours 〜

大好きなこと、楽しいことを記録しておくための備忘録ブログです。夢の中でまた、あの楽しかった時間を思い出して幸せな気持ちに浸りたい。。。オペラ、バレエが大好き。2009年に人生で初めてジャニーズの嵐と出会い、V6三宅健が気になりだし、2016年春にジャニーズJr.のお兄ちゃんグループでダンスとアクロバットが最高に格好いいSnow Manに急直下どハマりしてしまいました。

スパノバ考②

3月11日にに日帰りで大阪遠征をした。

月日が経つのは早いもので、あれからあっという間に1ヶ月以上が経ってしまった。期末期初で繁忙(と言いつつ実は年がら年中繁忙)ということもあるのだが、その間沢山のことがありすぎてせっかくの春松竹の記憶が少しずつ薄れつつあるので、ようやく重い腰をあげることにする。

 

前回「スパノバ考」を書いた際、思いがけず多くの反響を頂き有難うございます。

気楽に気軽に書きすぎたので、見方を変えれば暴言ととられかねないような内容であったにもかかわらず、思った以上に沢山の好意的な反感想を数多く頂き、改めて感謝すると共にただただ恐縮するのみである。

 

そもそも私にとってブログを書く目的は第一に自分のための備忘録ということなので、先ずはその時思ったことを書く。決して多勢に迎合せずに思ったままを書く、ということを課している。後で読み返して当時とまた違った考えになっていることもあるだろうけれど、その時にこう思った、これこそがまさに備忘録なのである。だから今回も思ったままを書く。 

失礼があったら本当にゴメンなさい。でも悪口ではないのでどうぞよろしくです。

  

脱線してしまった。

話は戻り、3月11日に関西ジャニーズJr.「春のSHOW合戦(通称 :春松竹)」に行ってきた。3月は予定が詰まっていて忙しいのと期末で仕事も最繁忙期にあたるため、泊まりではとても無理そうなので昼夜2公演観て日帰りをしようということになった。同行者は前回と同じくV6友と、いつの間にかWEST、ジュニア、と関西まるごと大好きになってしまったSMAP&嵐担の友人である。

 

今回の私の目的はただ一つ。向井康二である。

 

既出のとおり、私が好きなグループはSnow Manである。2016年に滝沢歌舞伎で一気に陥落して以来、ここだけは何があっても揺らがない私の盤石である。

 

しかし、向井康二は私の中では決して素通り出来ない存在なのだ。

定期的に彼の生存確認をテレビではなく生の舞台でしなくてはならない、そんな子なのである。少し前に東京で行われた「東西SHOW合戦」はチケットに当選しなかった。直前まで交換を試みたが全然ダメだった。チケットがなかったので観られずに終わったのが本当に残念。だってものすごく面白かったというから。

向井康二くんに加え、室龍太くんも大活躍だったというではないか!西畑くんは、、、、もうあの子はデキる子なんでね。

 

さて、今回の春松竹でも向井康二が「スパノバ」をやると。

そんな噂が流れてきた。

 

前回の構成がとても好きだったけれど、さすがに同じ構成ではこないだろうと思っていたら案の定だった。

 

あー、やっぱりいいな、向井康二のスパノバ。

他のJr.の追随を許さないスパノバ。

 

これを少クラでやらないだなんて心底勿体なさすぎる。

是非NHKにリクエストを出さなくては。

これはね、他のグループに歌わせている場合じゃないんだよ。ぎゃふんと言わせてやれ、ぎゃふんと!

 

で、記憶が違ってたらごめんなさい。

 

 前回バックについていたのは古謝くんと朝田くんだっけ?向井くんのスパノバが強烈すぎて記憶が曖昧なのだけれど、でもバック2人は決して霞んでなくて、3人揃ってのスパノバが本当に素晴らしかった。

いやいやもう何度も言うけど向井くんが強烈すぎて後ろの2人が景色になってた。

でもこれってすごい褒め言葉だと思っていただけると嬉しい。センターの領域を侵食することなく、2人はバックをしっかり遂行していたってことなんだから!

 

今回バックを務めるのは草間リチャード、藤原丈一郎大橋和也、今江くん(合ってる?ごめんなさい、下の名前がわからない)。

 

さてさて。

時々今江大橋が目の端に入るけど、私には向井藤原草間の3人だけで完璧に期待通りのパートナーシップだったので他の2人はごめんなさい、殆ど見ていなかった。

 

くんとリチャは向井くん同様、言ってみれば関西ではお笑い担当のチョケ組だと思うんだけど、この2人が向井くんのバックについた時に眼光鋭く踊る姿が超絶格好いい。向井康二にきっちりついていってる。最高にキレてる。なにかこう、向かってくるような勢い、向井康二の後ろだけど隙あれば俺も見ろ的なガツガツした感じいいやらしさがない。しかも3人のパフォーマンスの相性がいい。

 

あぁ、バッキバキのガッチガチに格好よく踊っていて度肝を抜かれた。だって前回と全然違うんだもん!同じスパノバでも見せ方を変えてくるところが心憎い。向井康二は生粋のV6ヲタでV6楽曲理解者だな。

実は、たまに目の端に入る今江くんもしっかり踊っていてみたい気持ちはあったのだけれど、残念ながらシンメにいた大橋くんが時折可愛い笑顔を見せているせいでとても見ることができず、だからと言って今江くんだけ見ると視覚シンメ的にバランスが悪いので、結果向井くんの後ろにがっつりつく丈くんとリチャしか見なかった。

 

 

伝わらないだろうけど、大橋くんに一言物申しておく。大橋くんの笑顔は本当に可愛い。アイドルスマイルで可愛いし、そういうところが沢山のファンを魅了する一部でもあるんだろうけれど、スパノバでは笑顔は絶対に見せるべきでない。スパノバって楽しい楽曲じゃないんだよ。笑いながら踊る曲じゃないんだ。

大橋くんの笑顔が目の端に入るたびに、違うんだよ、違う!とちょっとした怒りがこみ上げてくるので、3人だけに集中して恣意的に大橋今江を視界から締め出した私。

 

正直今までスパノバを笑顔で踊っている人は見たことがない。大橋くんはなんで笑いながらスパノバを踊ったんだろう?スパノバという曲を理解して踊っていたんだろうか?もし理解した上での笑顔だとしたら、残念ながら見せ方は期待とは違っていた。よって対の今江くんをほぼ見ずに終わった。今江くんよすまぬ。

 

もしも後輩に曲の理解を事前にしっかり伝えきれていなかった向井くんの責任なのかもしれないし、しっかり理解した上でやっぱり笑顔を封印できなかったのだとしたらそれは大橋くんの力不足若しくは役不足

 

但し。

 

見つけてしまった。

 

私は見つけてしまったのだよ。 

 

 

向井康二に続く私的関西のホープ。それは藤原丈一郎

 

草間リチャードは丈くんとセットで本当に素晴らしいと思った。今のところお笑い以外で単体で素晴らしいと思う瞬間はまだ訪れていないので、是非彼のパフォーマンスのこれからの更なる成長を期待している。

 

 

でも次回の松竹でのショーではスパノバは1回休憩しておこう。一旦休憩を入れて練り込んだ上で次々回くらいに大きな集団を従えたスパノバを見せてもらえると嬉しいな。

全員無表情・無機質でガツガツ踊るの。絶対に格好いいはず。

 

 

 

それにしても向井くんは期待を本当に裏切らない。

やっぱり君は関西を背負っているよ。本当は甘えたいくせにお兄ちゃんをしっかりやってるよ。だからなのかな、向井くんのスパノバがキレッキレで勢いがあるのにどこか切ないのは。

 

本当はもっと細かく書きたいのだけれど、大橋くんへの笑顔封印@スパノバを書いただけでなんか疲れてしまったので今日のところはこの辺で。

 

 

 

 

さて、次回行けるかどうかは別として、関西Jr.のショーではやっぱり先ずは向井康二くん、そして歌舞伎を終えて室龍太くんがどう成長したのか確認するのが楽しみ。そして丈くん!リチャード!この2人は私の要チェックリスト入りした。

 

加えて、それ以外の関西の逸材を見つけるのも楽しみ。

 

関西は今とても熱い。ジャニーズWebの関西Jr.のブログを読んでいると、最初に見たスパノバでバックにいた(でも残念ながら記憶が薄れつつある)古謝くんがとてつもなく熱い男だとわかったし、ドラマで東京進出を果たした道枝くんもいる。

 

見るたびに新しい発見がある関西Jr.の松竹でのSHOW。

東京のJr.にはなかなかないJr.だけのSHOWを定期的に年数度できるなんて実はすごいことなんだと思う。東京Jr.だって本当はやりたいに違いないことをできているではないか?全国的メディア出演のチャンスは確かに少ないかもしれないが、それに匹敵する機会はこうしてもらえてる。だからこそ実力がついてファンが年々増えている。自分たちの環境が東京に負けているなんて絶対にないから言っちゃダメ。もしかしたら東京以上にいい環境を与えていただいているのかもよ。

 

こんな熱い関西に足を踏み入れてしまったからには、関西の皆様、毒を吐くかもしれないけれど是非私を受け入れてくださいませ。

 

全然スパノバ考にならなかった。やっぱりすぐに書かないとだめよね。