☆ 夢で、また逢えたら ☆ 〜 Je t'aime et je t'aimerai pour toujours 〜

大好きなこと、楽しいことを記録しておくための備忘録ブログです。夢の中でまた、あの楽しかった時間を思い出して幸せな気持ちに浸りたい。。。オペラ、バレエが大好き。2009年に人生で初めてジャニーズの嵐と出会い、V6三宅健が気になりだし、2016年春にジャニーズJr.のお兄ちゃんグループでダンスとアクロバットが最高に格好いいSnow Manに急直下どハマりしてしまいました。

全力でSnow Manを応援し続けた2017年

2017年、私は年の初めに今年は全力でSnow Manを応援すると決めた。

 

今までのジャニーズ人生の中で「応援」ということに最も心を傾けて

なんだか訳も分からずなりふり構わず一生懸命

私なりにSnow Manを応援した1年だったと思う。

 

どう応援したらいいのかも分からないまま

ただただひたすらに「好き」という感情だけで1年を突っ走った1年だった。

 

ちなみに私の「好き」は「LOVE」の「好き」ではない。

 

なんだろう?

 

年齢のせいもあるけれど、私のリア恋枠はジャニーズの中ではV6の坂本君ただ一人だけで、でもそれもジャニーズで言えば、というだけの話であって、超現実的に日々を生きている私にとってはそれすらも絵空事のひとつでしかないと思っているので敢えていうところの坂本君がオンリーリア恋。それをベースに考えると、ジャニーズに対する私の「好き」は基本的にシンプルに存在が好きの「好き」。

 

才能を信じていて、その才能に惚れて

いつの間にかその人のことが好きになり応援する。

考え方とかそれに付随する発言のひとつひとつが好きだから

いつの間にかその人のことを好きになり応援するようになる。 

これが私の基本の「好き」である。

 

私はSnow Manを知るまでジャニーズJr.とは全く縁のなかった人間で

私が今まで好きになった人たちは所謂デビュー組ばかりで

もう既に確固とした地位を築いている人たちばかりだったので

身を粉にして心を砕いて応援するなど正直考えたこともなかった。

 

だからコンサートに行く限られた時期だけ妙にアグレッシブになり

テレビの観覧や映画の試写会などには日程が合わず全く参加しない私は

それ以外の時期は完全にパッシブ体制で

好きなグループを応援しながらのんびり通年過ごして行くのが普通だった。

 

だけど昨年初めてジュニアの世界に足を踏み入れてしまった私は

Snow Manに対しての応援が今まで私がしてきたデビュー組へのそれとは全く違うやり方でなければならないことを思い知った。

 

そうでなくてはいけないのではなくあくまでも自己満足の世界ではあるけれど

とにかくこの才能ある子たちをいつまでも限られた狭い世界に置いておくべきではない、広く世の中に知らしめたい、という気持ちが最高潮に達した状態で2017年を迎えてしまった。

 

そういうわけで2017年は私生活のマジョリティをSnow Man界隈に捧げた。

仕事のスケジュールが思うようにいかないところでフラストレーションと戦いながら可能な限り調整し、だけどそれでもチケットはなかなか入手できないジレンマを抱きながら悶々とする日も少なくなかったけれど、行ける公演では思い切り声を出して頑張って応援してますオーラ満々で現場に乗り込んでいた。

 

銀行口座の残高を一切気にすることなく公式グッズ買付けに精を出した。

グループ全体を推しているので6人全員の写真を満遍なく複数買いオトナ買いし、だけど今年のある日突然、ひょんなことをきっかけに佐久間君が「お気に入り」から「溺愛」に昇格したため、全員の集合写真、個人の写真に加えて佐久間君だけの写真がハンパないくらい積み上がり、とうとう我が家には佐久間箱なるものが出来た。

いつかきっとSnow Manを好きになってくれるであろう新規のファンの方々のためのステマグッズの一部としてきちんと保管しておく。

 

限界を超えて体力を使い果たした。

もう若くはないのと、毎朝5時起きで7時過ぎにはオフィス入りするため基本的に翌日が平日の場合は連日連夜遊びに行くことのない私が連日連夜現場入りすることもあり、日中の仕事に差し障ることなど当然許されないので、後半は冷蔵庫にいつも湿布と栄養ドリンクを常備することとなった。

 

V6ツアーの時だけ正直Snow Manのことを忘れかけた。

だけどV6を楽しみながら、いつもステージを見ながら、

「いつかSnow Manにも同じ光景を見せてあげたい」とか

「いつか君たちもきっとデビューして私たちをアリーナに連れてきてね」とか

楽しいV6のステージを見ながらいつもSnow Manのことが浮かんできて

その度になぜか思い通りにことが運ばないことに無力を感じ泣いてしまっていた。

10月18日の横アリの見学席にSnow Man6人が揃って現れたのを見たとき、私の好きなグループと私が今最も応援しているグループの点と点が1本の線になって繋がったような気持ちになり、まるでその線がデビューへと続く1本の糸のように思えてしょうがなかったのを思い出した。

 

 

 

1月ジャニアイ。

連日続くジャニアイの舞台で6人みんなボロボロのはずなのに、笑顔で責務をこなすSnow Manが誇らしかった。心配する人も多かったと思うけれど、私はこれをこなしてこそ株が上がると信じて、笑顔でステージをこなす職人たち6人を、どんなにステージの後ろにいても隅っこにいてもどこにいても目で追い続けた。

 

3月ジュニア祭り

ジュニア祭りで別格のオーラを放っていたSnow Man。白とシルバーの雪のようなイメージのジャンプスーツがとても格好良くて可愛かった。一方でまだここに居続けることに違和感があり、何としてでも早くここからもっと広い世界に出て欲しいという気持ちが募るばかり。

 

4-5月滝沢歌舞伎

滝沢歌舞伎では重要な役を任せてもらうだけでなく、タッキー、健君、五関君から愛がたくさん詰まった楽曲フルセットを頂いた。金色のベルベットスーツは今も私の誇りだ。Boogie Woogie Babyを聴くと特別な思いを感じる。

 

5月クリエ

クリエは劇場が会社に近いということもあり、毎日毎日劇場に通って当日券並びに精を出した。チームのみんなに「今、私が全身全霊を込めて応援しているグループがクリエ劇場でライブをやっているので」と理り、毎日毎日昼と夕方と並んだ。

交換で行けた初めてのクリエ公演では新しい発見がいくつもあり、Snow Manのことがもっと好きになった。同行させてくれたのは17歳の高校生で、おばさんを同行させてくれたことに今でも感謝。

 

8月

キントレは本当に楽しかった。たくさんたくさん声を出した。これでもかというくらい声を出した。この月から本格的に仕事が忙しくなってきた私は結構無理してしまったけれど、ずっと立ちっぱなしで体力的にも本当にきつかったけれど、クリエからたった数けがつでレベルアップしているSnow Manのことが誇らしくて誇らしくて愛おしくて愛おしくてしょうがなかった。

 

健ティのサマパラも行けなかったし

少年たちLIVEも唯一の休日ですら休日出勤が重なり行けなかったけれど

確実に歩を進めているSnow Manを感じた。

 

 

9月少年たち

大好きな「少年たち」の舞台。始まるまでは今年もスノストが舞台を務めることに複雑な気持ちもあり卒業して欲しい気持ちもあったけれど、任せてもらえる舞台は全力を尽くす、ジャニーさんの大好きな舞台を任せてもらえることに感謝している、自分たちにとっても好きな舞台なので任せてもらえる限りは全力で務めたい、ずっと任され続けたい等々の言葉を聞いて、卒業して欲しいと思った自分を恥じた。舞台は本当に素晴らしく、涙が何度も出てしまった。

 

10-11月少年たち大阪

LIVEを経ての初の大阪松竹座での「少年たち」の舞台は何よりSnow Man6人の演技に胸を打たれた。日生の時には気づけなかった些細な動きが大阪松竹座では鮮明に目に入り、それだけでなく更にグレードアップした舞台のクオリティに感嘆。こんな子たちが一体いつまで限られた小さな世界に居続けないといけないのか、自分では到底解決できず答えも得られない問いかけの中で矛盾とやるせなさは募るばかり。

そういえばこの月はV6ツアーでの地方行きや横アリ公演、2度の海外出張の合間に大阪に通い、体力が限界メーターを振切った月だった。

 

12月湾岸

なんと。交換をドタキャンされて直前に参加できない憂き目にあってしまった。

そのせいか、今年が終わろうという今でも辛くてレポを読めない心の小さい私だけれど、そもそもこんなに人気があるのになぜこんなにキャパの小さいところでやるのか!?という責任転嫁で乗り切っている。

 

出張のお供に常に佐久間君、Snow Manの写真を携帯し、シンガポールや香港のオフィスで佐久間君、Snow Manと記念撮影をした。プライベートな休暇で行ったフロリダの姉の家に佐久間君の写真を1枚だけ忘れてしまい、佐久間君がフロリダで年越しをするというオチにも見舞われた。

 

久しぶりに図画工作に精を出し、Snow Manグッズ製作に精を出した。

ジュニア祭り用に作った6人分のうちわはその後うちわOKの現場がないので使えないのが寂しい限り。正々堂々とうちわを持てる現場よ早く来い。

 

沢山のSnow Manのファンの方と知り合い

沢山の方にお仲間に入れていただき

時に喧々諤々意見を言い合うこともあったけれど

総じて言えるのは誰もがみんなSnow Manを愛していて

どうやったらもっと結果が見える応援をできるのか

どうしたら彼らを高みに進めてあげられるのか

どうしたらどうしたらどうしたら、、、、一体この先どうしていったらいいのか

そんな話ばかりをしていたような気がする。

 

 

本日は12月31日。

そんなこんなで」私の2017年は今日で終わる。

がむしゃらにSnow Manのことを考え続けた今年が終わる。

Snow Manにとって今年はどんな年だったんだろう?

来年はどんな年になるんだろう?

そして私は、私たちはどうやってもっともっと高みにいかせてあげられるんだろう?

 

答えはいつも見えないから

だから2018年も変わらず全身全霊を込めてSnow Manを応援していく。

 

皆さま、良いお年を!